山口県宇部市のフットサルクラブALL-FREE

ALL-FREEは老若男女問わずアットホームな雰囲気で楽しめるフットサルチームを目指しています。

TEL.050-3566-0217
info@yamaguchi-futsal-allfree-ubecity.com
未分類

川口能活 スーパーセーブ集

ハイボールの処理やイージーミスからしばしば失点を許してはいますが、これは積極的に飛び出す川口の攻撃的なプレースタイルゆえ・・・・川口自身はピンチを未然に防ぐことが第一と考えており自身のスタイルを崩そうとはしませんし、それ以上に決定的な場面を防いでくれる川口の方がはるかに多いので国際Aマッチ116試合出場とゆう素晴らしい記録を誇っているのでしょう。そんな川口能活のスーパーセーブを収録した動画です。

宮市初アシスト&PK獲得!宮市亮vsFCフローニンヘン(オランダ・エールディヴィジ第25節)

2011年2月27日に行われた2010-11オランダ・エールディヴィジ第25節、フェイエノールト・ロッテルダム対FCフローニンヘン戦の宮市亮のプレーをまとめたYouTube動画です。フェイエノールトに加入後4戦連続で先発出場を果たした宮市亮は、この日も得意のドリブルでチャンスを演出。前半31分、左サイドから宮市亮が縦に仕掛け、折り返したボールをジョルジニオ・ヴァイナルドゥムが決め、プロ初アシストを記録。後半3分には、左サイドでボールを受けた宮市亮がペナルティエリア内で倒されPKを獲得。2ゴールに絡む活躍を見せ、チームも4位のフローニンヘン相手に5-1で大勝しています。

小野伸二 1998-2010ゴール&テクニック集

元日本代表MF小野伸二の1998年から2010年までの天才的なプレーの数々をまとめたYouTube動画です。正確無比なボールコントロールに柔らかなパス、そして、ピッチを上空から眺めてるかのような視野の広さでゲームを組み立てる小野伸二。清水エスパルスに移籍後は以前指摘されていた運動量や守備にも磨きがかかり、攻守に貢献するようになるなど未だ日本屈指のゲームメイカーとして活躍しています。現在コンサドーレ札幌に在籍しますが、今後も小野伸二の活躍が楽しみですね。

小野、決勝PK!小野伸二 ブリスベン・ロアーFC戦でオーストラリア初ゴール

2012年12月9日に行なわれたオーストラリア・Aリーグ2012-13第10節、ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ対ブリスベン・ロアーFC戦で、ウェスタン・シドニー・ワンダラーズの元日本代表MF小野伸二が決めた決勝PKを収録したYouTube動画です。

小野、2ゴール!小野伸二 天才的なリフティングボレー&狙いすましたミドルシュート

2013年1月1日にオーストラリア・ニューサウスウェールズ州パラマタのパラマタ・スタジアムで行なわれたオーストラリア・Aリーグ2012-13第14節、ウェスタン・シドニー・ワンダラーズFC対メルボルン・ビクトリーFC戦で、ウェスタン・シドニー・ワンダラーズの元日本代表MF小野伸二が決めた天才的な2ゴールを収録したYouTube動画です。

貴重映像、サントス時代現地で英雄とされていた23歳のカズを振り返り

Jリーグでは各最年長記録を次々と更新し他の追随を許さないカズですが、23歳の頃のカズといえば世界最高峰のチームの一つ、ブラジルの名門サントスFCでプレーをしていました。

当時のブラジルで、日本人がサントスで活躍をするということがどれだけ凄いことで、多くのブラジル人を驚かせたかお分かりかと思います。

そのサントスで日本人として活躍をし、英雄と呼ばれていたカズの23歳時代の貴重映像を是非ご覧下さい。

【オランダ2部トゥウェンテ】宮市亮が右サイドから切れ込み強烈ミドルを突き刺す!

オランダ2部のヨング・トゥウェンテ対デフラーフスハプの一戦で宮市がゴールを決めました。

右サイドでボールを持つと中央へ鋭く切れ込み、豪快なミドルシュートを突き刺しました。

宮市本来の攻撃能力が発揮されたゴールと言えるのではないでしょうか。

トップチームでの活躍はまだ遠ざかってはいますが、着実に結果を積み上げ成長していってほしいですね。

素晴らしいミドル弾を是非ご覧下さい。

サッカー史上最高レベルにファンタスティックなオウンゴールが炸裂

スコットランドのU-20クラブリーグで芸術的なオウンゴールが炸裂したと話題です。

キーパーへバックパスをしようとDFが出したボールは、絶妙なアウトサイドカーブのかかった素晴らしいループシュートになりました。

オウンゴールでなければスーパーゴールとして話題になったことでしょう。

素晴らしいオウンゴールを是非ご覧下さい。

衝撃のカンフーキックでゴールを決めたイブラが退場覚悟で裸になった理由がリスペクト

パリ・サンジェルマンに所属する世界でも最高峰のFW、スウェーデンの王様イブラヒモビッチが先日のリーグ・アン第25節でカンフーキックによる超絶ゴラッソを決めたのですが、そのゴール自体ももちろん素晴らしく、イブラヒモビッチらしいスーパープレーだったことに加えて、そのゴール後のイブラヒモビッチの行動が世界で賞賛され、話題になっています。

ゴールを決めたイブラヒモビッチはひとしきりチームメイトと喜んだ後、ユニフォームを静かに脱ぎ、上半身をさらしました。

他の選手のパフォーマンスのように、喜びを爆発させ勢いで脱ぎ去るのではなく、落ち着きながら静かに脱ぐと自分の体を魅せるように回ります。

イブラヒモビッチの上半身には無数のタトゥーが刻まれてあるのですが、幼い子供も含め飢餓に苦しむ8億人以上の人々のうちの一部の人の名前が新たに50も刻まれていたそうです。

何よりも重要なものだったというこの試合で自身の強烈なメッセージを世界へ発信したイブラは国連の機関である国際連合世界食糧計画(WFP)が特集動画として伝えています。

なお、イブラヒモビッチはこの行為によりレッドカードは出されませんでしたが、イエローカードを受けています。

イブラヒモビッチのメッセージを是非ご覧下さい。

【これはすごい!】オランダでベルカンプのようなスーパーゴールが炸裂!

オランダ・エールディビジのフィテッセ対アヤックスの試合で、素晴らしいゴールが生まれました。

左サイドからボールに反応したフィテッセの20歳、ウロシュ・ジュルジェヴィッチは胸トラップで縦に抜けるとみせかけてボールを浮かせて反転。

完璧にDF振り切ると落ち着いて振り抜きました。

オランダの英雄ベルカンプのようだと大きな話題になった美しいゴールを是非ご覧ください。