山口県宇部市のフットサルクラブALL-FREE

ALL-FREEは老若男女問わずアットホームな雰囲気で楽しめるフットサルチームを目指しています。

TEL.050-3566-0217
info@yamaguchi-futsal-allfree-ubecity.com
06月

【日本のロベカル!?】U-16菅大輝が放った弾丸FKが速すぎてネット騒然

FIFAU-17ワールドカップの出場権をかけたAFC(アジア)U-16選手権の香港代表との一戦でとんでもないフリーキックが飛び出しました。

速すぎて動画では追えないほどのキャノンフリーキックを蹴ったのはU-16日本代表の菅大輝という選手です。

その威力の凄まじさはまさに日本のロベカルです。

その強烈なフリーキックを是非ご覧ください。

【新星FK職人】ドイツでFKの王様と呼ばれるハカン・チャルハノールのFKが精密機械のよう

中村俊輔やベッカム、ジュニーニョなどなどフリーキックの名手として名を馳せた選手はそう多くないですが、とてつもない一発必殺の職人として重宝されてきたことはいうまでもありません。 以前にも少しご紹介したことはあったのですが(【41m弾】「無回転ブレ球」はFKに無限の可能性をもたらせたことが分かる動画2つ)、現在、新たなフリーキック職人として注目を集めているのが今ドイツで最も注目されるレヴァークーゼンのハカン・チャルハノールという選手です。 今シーズンで挙げた5ゴールのうち、なんと4ゴールがフリーキックという驚異の精度を持った新時代のスナイパーです。 精密機械ハカン・チャルハノールのフリーキックを是非ご覧ください。

チャルハノールのフリーキック集

クロスバーチャレンジで衝撃の神業をやってのけた75歳のおじいちゃんが話題

ブンデス公式youtubeチャンネルで密かなブームになっている「クロスバーチャレンジ」というものがあります。

ルールは簡単で、ペナルティエリアのライン上に置いたボールをクロスバーに当てるというもの。

岡崎選手などもこのクロスバーチャレンジに挑戦していますが、75歳のおじいちゃんがおよそ30秒の間に5回連続で当てるという偉業を達成し大きな話題になっています。

達成した瞬間のおじいちゃんがとても可愛いです。是非ご覧ください。

【ロナウド比較】ロナウドとロナウドは2人ともドリ、テク、シュートが神という奇跡

C.ロナウドが最初に活躍し始めた時、「ロナウド」という名前だけで目立っているに違いないと思っていましたがとんでもない怪物2世でしたね。

ポルトガルのロナウドとブラジルのロナウドという共通の名前を持った2人のスーパースター比較が楽しめる動画です。

驚異のドリブル、テクニック、得点力を持った2人の動画を是非お楽しみ下さい。

【41m弾】「無回転ブレ球」はFKに無限の可能性をもたらせたことが分かる動画2つ

近年無回転のブレ球シュートというものが生まれてから多少距離があってもフリーキックなどではゴールネットを揺らすことが出来るという現象が起こるようになってきましたね。

一つ目はブンデスリーガのハンブルガーSVとドルトムントの試合でのこと。

センターサークル付近でフリーキックを得たハンブルガーは、ハカン・チャルハノールが41mのフリーキックを完璧に叩き込むというスーパーゴールを決めました。

ドルトムントのクロップ監督もこれには苦笑い。

2つめはアメリカ・メジャーリーグサッカーでのFCダラス対スポルティング・カンザスシティ戦で、カンザスシティのグレアム・ズシ選手が決めた45ヤード(約41m)弾。

どちらもブレ球による、見た目よりスピードのあるフリーキックでGKは止めることができません。

日本でも本田選手がブレ球をいち早く習得していますが、現代サッカーでのこの技術の習得がチームに大きな恩恵をもたらしているということはよくわかるかと思います。

2つ合わせてどうぞ。

・ハカン・チャルハノール

・グレアム・ズシ

【動きが尋常じゃない】セパタクローという超アクロバティック競技を知っていますか?

名前くらいは聞いたことがあるかもしれません。

サッカーとバレーボールを融合させたような、「足のバレーボール」とも呼ばれるスポーツで、その動きが尋常じゃないくらいアクロバティックなのでご紹介します。

サッカーでこれだけの動きが出来たらプレーの幅が格段に広がるでしょうね。

是非ご覧ください。

【超必殺技】ダイレクトヒールロングループシュートという名前になるスーパーシュートがすごい

昔のアニメかゲームで出てきそうな名前になりましたが、実際このゴールを形容する名前はこれしかありません。

あの距離狙ったんでしょうか?狙わないとあそこまで飛ばせないかな、とも思いますがいずれにせよとんでもないスーパーゴールです。

当然観客も大興奮です。是非ご覧ください。

【壁の気持ちを考えたい】ロベカルが8.1mの距離で時速144kmのシュートを蹴る

ただただ恐怖のロベカル弾。

悪魔の左足と呼ばれるそのシュートが、ゴールまでたった8.1mの距離で放たれ自分に当たったらと思うと。。。

幸いにも?誰にも当たらずネットを揺らしましたのでけが人は出ませんでしたがきっと選手全員が心の片隅でほっとしたはずです。

恐怖の時間を是非ご覧ください。

【衝撃】必殺魔球、ブレ球シュートを小学4年生が何人も打ちまくる・・・

C.ロナウドや本田がブレ球を蹴り出してから多くの方がブレ球の練習をしたのではないでしょうか?

私もその一人です。でもいまだに蹴れません。

やっぱプロはすごいな、なんて思っていたところ小学4年生がブレ球を打ちまくっているこの動画を発見しました。しかも何人も。

なんと言いますか、敗北感がすごいです。本当に驚いたので是非ご覧ください。

【全盛期がすごい】キレてた時代の高原は日本史上最高のFWでは?

ドイツワールドカップイヤーで、当時最強と言えるサッカー大国ドイツに2-2で引き分けた試合も、その2得点は高原でした。

高さがあり、速くてうまい、間違いなく替えの効かないFWだったんじゃないかなーと思います。

全盛期の高原を是非ご覧ください。