山口県宇部市のフットサルクラブALL-FREE

ALL-FREEは老若男女問わずアットホームな雰囲気で楽しめるフットサルチームを目指しています。

TEL.050-3566-0217
info@yamaguchi-futsal-allfree-ubecity.com
01月

「貴重」中田英寿 ベルマーレ平塚入団会見

すべての年代別日本代表に選出され、年代別の世界大会であるU-17世界選手権、U-19アジアユース、ワールドユース、オリンピック(23歳以下)にはすべて「飛び級」で出場。オリンピックには19歳でアトランタオリンピック、23歳でシドニーオリンピックと、2回出場。

Jリーグに加盟するクラブが12クラブの時代、11クラブからオファーを受け、その中から横浜マリノス、横浜フリューゲルス、ベルマーレ平塚の練習に参加したうえでベルマーレ平塚に入団した中田英寿。日本のサッカー界を長らく担う逸材の最初のプロとしてのインタビューです。

中田英寿 1998-2004スーパープレー集

1998年フランス、2002年日韓、2006年ドイツで日本代表として3度のワールドカップに出場し、日本サッカー界を牽引し続けた中田英寿の1998年から2004年までのスーパープレーをまとめたYouTube動画です。屈強な外国人DFにも当たり負けしないフィジカル、そして頭脳的なプレーの数々は当時の日本人選手では考えられませんでした。今でこそ海外移籍は当たり前になってきていますが、この中田英寿の海外での成功が日本人の海外移籍の道を切り開いたと言っても過言ではないでしょう。

中田英寿 スーパープレー

アジアのサッカー選手として最も成功した選手の1人、中田英寿のパスやゴール、ドリブルなどのスーパープレーをまとめたYouTube動画です。すべての年代別日本代表に選出され、年代別の世界大会であるU-17世界選手権、U-19アジアユース、ワールドユース、オリンピック(23歳以下)にはすべて「飛び級」で出場。日本のFIFAワールドカップ3大会連続出場に貢献し、当時世界最高リーグと呼ばれていたセリエAで活躍した唯一の日本人です。

中田英寿 スーパープレー集

視野の広さと抜群のスタミナ、強靭な精神力を武器に当時世界最高リーグであったイタリア・セリエAで旋風を巻き起こした中田英寿のドリブルやパス、ゴールなどのスーパープレーをまとめたYouTube動画です。屈強な外国人選手相手に当たり負けしない強靭なフィジカルと絶妙なタックルで相手を弾き飛ばしボールを奪い、決定的なチャンスを演出した日本が世界に誇るMF。戦術理解度やスペースメイキングなど目に見えないプレーのクオリティも高く、勝利への執念や意識の高さも当時の日本のサッカー界では非常に稀な存在でした。

 

中田英寿 スーパーゴール&テクニック集

イタリア・セリエAのペルージャやASローマなどで活躍した元日本代表MF中田英寿のベルマーレ平塚時代からのスーパーゴールやアシスト、テクニックなどのスーパープレーをまとめたYouTube動画です。屈強なフィジカルと広い視野、そして、クレバーなプレー選択でチャンスを演出した中田英寿。テクニックがずば抜けているわけではありませんが、ボールの置き方、体の使い方、コース取りが非常にうまく、中田英寿のドリブルがファール以外で止められる事はほとんどありません。当時、世界の日本人選手に対する評価を一変させた中田英寿の日本サッカーへの貢献度は計り知れないでしょう。

中田、孤軍奮闘!中田英寿vsフランス代表(国際親善試合2001)

2001年3月24日にフランス・パリ北部郊外にある工業都市サンドニのスタット・ド・フランスで行われた国際親善試合2001、フランス代表対日本代表戦の中田英寿(ASローマ/日本代表)のプレーをまとめたYouTube動画です。

異国の殿方を吹き飛ばす中田英寿の異次元のスーパープレー集

イタリア・セリエAのペルージャやASローマで活躍し、アジア年間最優秀選手賞を2回受賞するなど、数々の栄光に輝いた元日本代表MF中田英寿(NAKATA Hidetoshi)のゴールやアシスト、テクニックなどのスーパープレーをまとめたYouTube動画です。あのジネディーヌ・ジダンやアンドリー・シェフチェンコ、ガブリエル・バティストゥータなど当時世界最高と呼ばれていた選手達が在籍し、群雄割拠のリーグとして世界中から人気と注目を集めていた頃のセリエAで唯一活躍したアジア人中田英寿。屈強な外国人を吹き飛ばすフィジカルにピッチを切り裂くスルーパス、そして、インテリジェンス溢れるプレーの数々をご覧あれ!

名波浩 AFCアジアカップ2000 ループシュート

2000年10月24日、AFCアジアカップ2000準々決勝、日本対イラク。

2-1で迎えた前半29分、ゴール前の混戦でペナルティの外にこぼれたボールを拾った名波浩の華麗なループ。さすが天才レフティ!ホント、いやらしいループです!

名波浩 ジュビロ磐田 黄金期のパスワーク

中盤の底のボランチの位置から長短のパスを繰り出すゲームメーカー名波浩。状況を読む戦術眼と味方を活かす質の高いパスに定評があり清水商高時代からジュビロ入団当初までは、攻撃的な位置でプレーする「中盤の王様タイプ」の選手として知られていました。

しかし、日本代表の加茂周監督に展開力と守備への適性を買われ、ボランチへコンバート。以後代表やドゥンガ退団後の磐田では中盤の底に位置して、ゲームの流れをコントロールする役割を果たしジュビロの黄金期を支え続けました。