山口県宇部市のフットサルクラブALL-FREE

ALL-FREEは老若男女問わずアットホームな雰囲気で楽しめるフットサルチームを目指しています。

TEL.050-3566-0217
info@yamaguchi-futsal-allfree-ubecity.com
フットサルの戦術で使えるシュートテクニック【ペナルティエリア外】振り向きざまシュート

フットサルの戦術で使えるシュートテクニック【ペナルティエリア外】振り向きざまシュート

このエントリーをはてなブックマークに追加

振り向きざまシュート

これはサッカー、フットサルに限らず非常に重要なテクニックの一つと言えるでしょう。

フットサルにおいては、ピヴォの役割を果たす人にとっては必須のテクニックです。

振り向きざまのシュートという選択肢があることで、ディフェンダーは守りにくくなります。

ポストプレーなのか、溜めを作るのか、それとも振り向きざまのシュートでくるのか、

このようにより多くの選択肢を持つことでプレーの幅は広がります。

重要なのは、ボールを受ける際にワンフェイク入れることでしょう。

例えば、ディフェンダーを背にエリア付近でボールを受けるとします。

右足裏でボールを受けたら、いったん足裏でボールを舐めて右側へ流します。

舐め終わって足が降りる寸前に、右足のインサイドでボールを一気に反対側へ切り返し、

ディフェンダーをシュートコースからはずしてシュートを放つなどのフェイントを入れましょう。

単純に振り向くだけではシュートコースはうまれず簡単に距離もつめられてしまいます。

一つでもフェイントを入れることで、ディフェンスは他のプレーの選択肢も出て守りにくくなります。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です